登山の服装ガイド

スポンサード リンク

登山の服装の基本的な知識について紹介します。登山用品についてまったく何も知らない状態で登山服の販売店などに赴いてもたくさん種類があってもどれを選べばいいのか良くわからない。。そんな方へのガイドとなれば幸いです。基本的な登山の服装に関する知識として、服の素材、着方、登山靴、温度調整、安全性、雨、UV対策がクリアできればOKでしょう。順を追って説明していきます。まずは、素材から。登山の服装では常識とされていますが、登山は登っているときは汗をかき、汗でぬれたままでは体力を消耗し不適切とされています。ですので、下着肌着の素材はコットン100%は汗の吸収の面ではいいんですが、発散がしにくく不向きです。化学繊維が配合され、汗の発散が早いものを選んでください。温度調整ができる服装という意味で重ね着が良いです。箱根登山などバスの中では軽装で涼しく登山の休憩中は標高が高いと寒くなりますので温かい服装。登っているときは汗をかくとかきましたが、これは暑いからで長袖のTシャツ(半そででも暑い場合も有りますが転んだときの怪我予防とUV対策)でもいい場合でも、休憩するときは汗が冷え寒くなります。残雪期や春山など注意が要ります。ダウンジャケットや、スキー服のような、一枚で暖かいものよりも、Tシャツにフリースジャケット、一番上はシャカシャカ系の風を通さない素材のもので、これはレインウェアで兼用しても良いでしょう。冬山以外でも岩場につかまったりするために軍手、できればぬれても良いように替えも用意。そして見落としやすいのが、日差しの対策。回りに日よけがない場合も考えて、日差しをよけられる服装を心がけましょう。日差しも体力を消耗させる要因となりますので。注意点はジーパンが丈夫で汚れても良いということでよく使われますが、ジーパンは汗を吸うと足が上がりにくくなり、汗も乾きにくいのであまり向きません。登山靴として足元はくるぶしまで隠れるトレッキングシューズが推奨されます。

登山の服装 ツアー

登山の服装ツアーということで、先ずは屋久島登山から。1〜3月は完全に冬山です。初心者には向きません。夏場がお勧めです。ステッキのピックが登山道を破壊しているとの警告が出ていますので、ピックは先がゴムのものを。
大山登山―夏場は麓が暑くても登ると寒くなります。初心者には天然記念物のダイセンキャラボクの純林が見られる初心者コースがおすすめ。 高尾山―体力に自身がない女性でも大丈夫なようです。車で行かれる場合は駐車場が週末の朝八時過ぎにはいっぱいになってしまうことが多いので注意です

スポンサードリンク

登山の服装情報局

登山の服装と、初心者でも安全なミニ情報、屋久島、北海道、高尾山、大山、箱根バスの紹介など、随時アップしていきますよ!