タイヤの値段について

スポンサード リンク

タイヤの値段はディーラーや整備工場の様な所を除き、大手カー用品量販店などでは一年の間で上下し、安売りの時期があります。もっとも激安になる時期はノーマルタイヤからスタッドレスに履き替える時期(もしくはその逆)などの繁忙期です。各社がこぞって販売攻勢に出るための価格競争によるものです。または、新作が出た時期に型遅れになったものも安くなります。 それほど大きくないタイヤ販売店などでは、在庫を抱える場所も少ないため多少価格を落としてでも古いタイプのタイヤを捌きたいと考えるものです。古くて人気がなくなるタイヤのために新しくて需要の高いタイヤを置けないということは、販売機会のロスという事態も招くからです。そういった雰囲気を感じ取ったら迷わず価格交渉してみましょう。案外すんなりと表示の値段以上に下げてくれることは良く有りますタイヤの寿命について。交換時期の目安は側面のスリップサインまで減ったら交換と一般に言われています。が、しかし交換のサインというのは少し不適切かもしれません。なぜならスリップサインまで減ってしまうと急激にグリップ力が低下するため大変危険で不慮の事故など引き起こしかねないからです。余裕を持って交換することをおすすめします。 また、スリップサインまで余裕がある場合も要注意です。タイヤの寿命は5年といわれておりゴムの劣化のため未使用でもヒビが入ってしまうと危険です。

タイヤの値段を抑えるコツ

タイヤの減りを遅らせ長持ちさせ結果的に値段を抑えるには、日ごろからの少しの注意で変わってきます。ミシュランやブリヂストン、ヨコハマといったメーカーや車重やトルクによっても変わりますが、いわゆる3急(急発進・急加速・急ブレーキ)をなくし、できれば3週間に一度は空気圧のチェックを行い適正な空気圧をキープするだけで、タイヤの寿命は延びます。

スポンサードリンク

タイヤの値段や安全性

タイヤ値段が高いといって、適正な交換時期を過ぎてしまうのは思う以上に危険なことです。 唯一地面と接しているパーツだけにグリップや制動力にもかかわってきますし、万一バーストでも起こせば周りの人を巻き込んでしまうことも考えられますのでお気をつけ下さいね。