タイムシェアの価格

スポンサード リンク

沖縄のタイムシェアの価格はGW期間中、夏休み期間、年末年始の期間が最も価格が上昇し、冬季の間の5年間使用権が30万円ほどに比べて年末年始が200万円ほどになることもあります。使用期間中であれば、日本国内の他のリゾート使用権との交換(利用権を持つリゾートの使用を他人に認める代わりに他のリゾートの使用できる)制度を持つサプライヤーもあるようです。また、利用期間中に一般客を宿泊させ収益の一部が還元されることも見るべきポイントです。RICやインターバルインターナショナルといったリゾート交換会社と提携しているところもあるようですが、交換は国内に限られるようです。 沖縄のタイムシェアの注意事項
タイムシェアとは、アメリカで発展したリゾート物件の共有システムでアメリカヨーロッパにおける定義は52人によるリゾート物件の共有制度で(1年=52週間のため)一年のうち1週間についての所有権を持分とする制度です。共有ですので建物・不動産について共有権について登記が可能で相続することも可能です。1週間分を自分の物として購入するというわけですね。

これに対して、日本で一般的に宣伝広告されているタイムシェアは、ホテルやマンションの共有ではなく、利用権のみの取得のことを言う場合が多数で、世界的に見たタイムシェアの定義とは異なるようです。どちらかというと、会員制リゾートに国内でのリゾート交換などのタイムシェア風味が付加されているという感じでしょうか?所有権がないことで不動産の取得に関わる諸経費、不動産取得税、固定資産税、登録免許税などが所有権の取得の場合と比べて安くなるのがメリットといえばメリットですが、結局は運営会社が倒産などによって消滅した場合、残るものがありません。どちらのメリットがより良いかは購入者の判断によりますが、初期費用、維持費用の面で差が出ますのでタイムシェアの購入を検討される場合、説明会などで所有権を扱うものか、利用権を扱うものかを確認しておく必要があります。

沖縄に限らず、北海道や関西の淡路島、大津などの琵琶湖周辺、京都、東京などの需要が多いようですが、日本国内版タイムシェアにおいての購入の際の注意点として挙げられます。

沖縄タイムシェアとハワイとの違い

ハワイのタイムシェアは沖縄を含む日本国内のタイムシェアと違って、 所有権を持つことができるので、リゾート交換会社と呼ばれる会社に登録されている物件なら、世界中のリゾートとの交換が可能です。シェラトン、ヒルトン、ウェスティンなどの一流ホテルなどもタイムシェア制度を設けています。またリセールといわれる、タイムシェア権の中古物件もリゾート交換会員になれないなどの制約もありますが、新規のタイムシェアに比べて二分の一程度になることもあります。

スポンサードリンク

沖縄のタイムシェア情報

沖縄など国内のタイムシェアと、海外のタイムシェアとの制度の違い、沖縄に限らず日本国内、ハワイ、バリなどのリゾートマンション・ホテル・ペンションなどの別荘などもご紹介。