車検費用は安くなるのか??

スポンサード リンク

車検費用の内訳は@諸費用(法定費用)A検査費用B点検整備費用の3つの要素からなります。このうち@の諸費用(法定費用)は自動車重量税、自賠責保険、印紙代、リサイクル費用ですので、車検をどこに出してもこの部分での費用は変わりません。バイク・軽自動車や3ナンバーなどといった排気量などに応じて費用が決められています。なので、車検にかかわる費用を節約するためにはA、Bの検査費用、点検整備費用の部分で車検代のトータルを抑えることとなります。

車検業者の選択によるメリット、デメリット

整備会社やガソリンスタンド、カー用品店、ユーザー車検といった選択肢が上げられます。 費用面でもっとも安いのは、ユーザー車検です。これは車検にかかわる検査・点検整備・ 手続きを自分で行い。諸費用プラス修理代のみに収める事ができます。とにかく格安で車検を通せることがメリットですが、(平日のみ受付のため)検査不合格になった場合二度手間になってしまうことと整備技術によってはその後の安全性の面で多少不安が残ってしまうことがあるでしょう。格安・激安の車検業者についてもそういった不安が付きまとってきますのでどういった整備が受けられるかしっかりと確認する必要があります。 逆に一番高くなってしまうのはディーラー車検です。ユーザー車検に比べ倍近くかかってしまう場合も多いようです。整備に保障が付き整備後の故障などにも対応してもらえることが魅力です。検査費用、点検整備費用の価格交渉をする際は、普段のオイル交換などで人間関係を築いておくことが大切です。高いとはいっても次の車検までに不意に故障が発生してしまっては思わぬ費用と時間をとられてしまうこともあります。皆さんもそういった経験がおありではないでしょうか?極端に言ってしまえば費用を取るか、安全性を取るかのバランスと言えるかもしれませんね?そのあたりの見極め・相談のできる業者が一番のお勧めです。

スポンサードリンク

車検費用節約小ネタ

自分での整備に自身がない場合、上記のような業者に依頼することになりますが、時間の許す限りたくさんの見積もりをとることが大事です。たんに価格の面での比較だけでなく きちんとした対応をしてもらえるか、細かく見積もりを出してもらえるか、また、交換パーツの現状を詳しく説明してもらえるかといったことも検討して、価格交渉の際の材料にもなります。小さなテクニックとしてはメールで見積もりをとれる業者の場合、電話代を節約することができます。(トータル面での車検代の節約)車種、年式、整備状況など細かく伝える必要があるので案外間接的なコストがかさんでしまうのです。