プラダ携帯

スポンサード リンク

プラダ携帯電話の特徴のご説明。携帯電話のNTTドコモグループにより発売された(08年6月)、プラダ、LGの共同開発による携帯電話。ヨーロッパではすでに発売されており、富裕層を中心に話題を集める。クオリティー、や使い勝手を追求したデザイン、フロント画面がタッチスクリーンは携帯にうるさい日本向けのユーザー用に改良されておりスクリーンをタッチするとほんの少しバイブが作動し、確実にタッチできているかわかるようになっている。タッチの際のバイブは作動しないように設定することも可能である。直感的な操作はもちろん、プラダらしいシンプルでエレガントなデザインとなっています。

発売直後にはもう予約受付をストップし、追加の生産は現時点では不明らしい。
プラダの携帯電話の後にソフトバンクからiphoneのリリースが予定されており、価格、性能面で劣るとされているプラダ携帯は追加生産されないとの見方もある。
しかしながら価格、性能といった要素ではなくプラダの持つブランド性に引かれる人にとっては、やはり憧れのアイテムであることに変わりない。

プラダ携帯白ロム

プラダ携帯電話の入手方法のご説明。
プラダの携帯電話は現状ではまだ若干の在庫があるようだ。(08年6月)正規ルートのドコモショップでの価格は10万円ほど。しかしながら、入荷待ち、キャンセル待ちといった状況が続く中、確実に手に入れたい方のために別ルートでの購入方法をご紹介します。
白ロムというものをご存知でしょうか?白ロムとは回線契約がされておらず、電話番号などの情報が何も書き込まれていない携帯本体」「解約や機種変更などによって電話番号など書き込まれていた情報が消去されている携帯本体」のことをいいます。いわば、携帯のリサイクル品のことですが、リサイクルという言葉に付きまとう、中古品なので汚いといった悪いイメージから程遠いまったくの未使用品も多い。白ロムを扱う業者はインターネット上に沢山存在し、この原稿を書いている今現在でも未使用品の新品が、11万5000円という正規ルートとほぼ変わりない価格で流通しています。ストラップなどの付属品がない場合もありますので注意が必要です。ご興味がある方は探して見てはいかがでしょうか?
上にも書きましたが、白ロムには電話番号は入っていません。つまり、ドコモとの契約ができていない状態ですので、そのままでは通話やメールは使えません。どのようにして使える状態にするかといいますと、お手持ちでFOMAカードがありましたらカードをプラダ携帯にさすだけで使用可能になります。FOMAカードのみを受け取る契約もドコモショップで受け付けていますのでそちらでプラダ携帯用のカードを入手されてもいいでしょう。 詳しくは白ロム販売店に問い合わせてみてください。

スポンサードリンク

プラダ携帯電話入手方法

プラダ携帯購入情報。ドコモショップで完売していてもプラダ携帯本体、ストラップなどの付属品も手に入れることができる白ロムショップ のご紹介