ポリフェノールの抗酸化作用

スポンサードリンク

ポリフェノールの代表的な効能は抗酸化作用です。あくまで、食品としてテレビや口コミサイトなどで有名ですというくくりの中で書かせていただきます。はっきりと効くと書いてしまうと薬事法が気になってしまいますのでご理解の上でお読みください。抗酸化作用とは人間の体内に発生する活性酸素を抑える働きをし、健康や、アンチエイジング、美容にもいいんですよ。 活性酸素は現代を生きる人間なら避けて通れないもので、ストレスや、紫外線、大気汚染、 食品添加物、喫煙などによって発生するそうです。ポリフェノールを多く食品をとることの効果はこの活性酸素をやっつけるという事により、活性酸素がもたらす、細胞の老化や血液をサラサラにする効能で動脈硬化を防ぐという作用があるとされています。またポリフェノールのダイエット効果が言われる場合がありますが、これは緑茶や、ウーロン茶などに含まれる種類のポリフェノールの脂肪の吸収を抑える働きに注目したものなのでここでは割愛します。

ポリフェノールを多く含む食品とデメリット

ポリフェノールを多く含む食品はたくさんの種類があり、調べてみましたので列記してみます。ココアやチョコレートの原料となる「カカオ」、未成熟の「りんご」、ブドウの皮に含まれるアントシアニンで有名な「赤ワイン」や「ウーロン茶」「緑茶」など花粉症対策や口臭予防で宣伝されていることで有名なフラボノイド系飲料、そのほかにも「納豆」、「柿」、「グアバ葉」、「バナナ」、「そば」、「ブルーベリー」、「ブルーベリー」、「春菊」などの意外な食品にも含まれます。赤ワインなどはワインブームのときにポリフェノールの健康に良い効能が大きくクローズアップされ有名ですが、他の食物とも共通してある大きなデメリットがあります。それは、ポリフェノールの効果を期待して、これらのポリフェノールを含む食品を多く食べたとしてもポリフェノールの構造的に体内に蓄積されないようになっていることです。なので、こういった食材としての食べ物のみでポリフェノールの抗酸化作用の効能を効果的に得ようとするのはむずかしいということになります。

スポンサードリンク

ポリフェノールのサプリメント

ポリフェノールを多く含む食品を意識的に食べることは大切ですが、なかなか食品だけでは大変です。なので、抗酸化作用を効果的に得ようとするには、ポリフェノールのサプリメントを補助的に摂るようにすることが無理なく効能を得られる方法です。また、他の抗酸化作用があるビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンなどと共に補助食品として摂ることが偏食がちな方にもおススメです。