二世帯賃貸とは

【体の巡り】サプリメントの無料モニター募集中。

「紅珠漢」は効果がすぐに体感出来ることをコンセプトに女性開発チームが商品化。

  • 冷え性
  • 朝からだが重たい
  • 朝起きるのがつらすぎる

上記のお悩みがある方は一度試してみてはいかがでしょうか?


電話勧誘はありません。

詳細はこちら>>紅珠漢(こうじゅかん)体験キット【今なら無料!!】

二世帯での賃貸についてご説明します。
二世帯賃貸とは親の世帯と、子の世帯が同じ一つの建物を賃貸し、共同生活を営む事で 二世帯それぞれのプライバシーを守るために賃貸物件の建物構造上に配慮がなされています。二世帯が、一世帯としてともに暮らす同居と違うポイントです。

賃貸の建物構造は、共用タイプの賃貸物件・一部共用タイプの賃貸物件・完全分離タイプの賃貸物件に分かれています。
それぞれ、玄関、階段、風呂、トイレ、キッチン、電話、電気、ガス、水道といった賃貸物件の機能をどこまで二世帯で共用・分離するかの度合いによって決まります。

二世帯賃貸物件は建物の性質上、需給バランス上、賃貸用として新築されることは少なく、建物の元々の建て主の意向に沿って上記のいずれかのタイプで建てられた二世帯住宅が何らかの事情で賃貸に出されるので、賃貸物件としては非常に数が少なく、物件の二世帯住宅としての分離具合を選択できるケースというのは、ごく稀です。

したがって、設備が分離していないことによって光熱費を二世帯のどちらの世帯がいくら負担するのかといった二世帯特有の問題を抱えたまま賃貸せざるを得ないといったことにもなりかねません。
ここに二世帯での賃貸物件の問題点があるわけです。

二世帯賃貸よりも

同じ賃貸でも、マンションの 隣同士に賃貸物件を借りたり、隣同士で賃貸が難しいようなら別フロアなどに賃貸してみては いかがでしょうか?これなら、二世帯住宅の賃貸よりもそれぞれのプライバシー。独立性が守られ、親に子供の面倒を見てもらえたり、逆に、頻繁に孫に会えたりといった二世帯住宅のメリットの部分を享受できます。

隣同士の賃貸なら、二世帯住宅に比較して、探す苦労も少ないでしょう。それに大家さん側からしても賃貸物件の空室が一気に埋まるので、賃貸にかかわる諸費用や、家賃といった面での 価格交渉にも入りやすいかもしれません。
不動産賃貸業者にその旨伝えておけば、隣同士での賃貸のほうが意外と早く 見つかるかもしれませんね。

スポンサードリンク

希望通りの二世帯物件を賃貸できることに越したことは無いけど、 現実は、そうもいかず・・・・
でもあきらめないで下さい!