メモリ増設の効果

スポンサード リンク

メモリの増設の効果について簡単に説明します。CPUがパソコンの頭脳にたとえられるのに対して、メモリはパソコンが処理や作業をする場所の広さという意味で、机の広さによくたとえられます。狭い机で伝票整理などをしていると設定して考えてみてください。机が狭いと、一度に広げられる伝票の枚数に限りがあり、納品書や請求書をいちいちチェックするのにとても不便です。
メモリ増設とは、仕事の量に対して小さくなってしまった机を大きなものに替える、もしくは机を増設しましょうという手順とよく似ています。メモリを増設することによって、一度に沢山の伝票や、帳簿を広げられ作業のやり方を効率的にできるということなんです。
メモリの増設をすることによって、具体的には、大きな音声や画像をパソコンで処理するときにもっさりした動作をきびきびと働くようにしたり、ネットゲームなどでのラグや、ノートPCなどでフリーズしたりといった症状を緩和してくれます。ある意味、一番効果の体感できる作業のメリットといえるかもしれません。 Windows Vistaでは最低1ギガ、快適にするためには2ギガ、Windows XPの場合は最低512メガ、1ギガで快適に使えるといわれるのが一般的ですが、もちろん、多すぎて困るというようなことは有りません。値段も年々安くなっていて、数千円で大きなメリットを得られると思います。

メモリ増設の方法

メモリ増設の方法はいたって簡単です。お手持ちのPCでメモリスロットがあいていると設定してご説明します。といっても、やり方は本当に簡単ですよ!BIOSの設定なども不要です。必要なものは、増設するメモリと、ドライバー一本だけで結構です。デスクトップPCの場合は、PC本体のケースを、ノートPCの場合はひっくり返してねじで止めてあるふた(大体2種類ふたがあると思いますが、その大きなほうだと思います。)をあけてください。中をのぞくとあいているメモリスロットが確認できると思いますので、そこに新たなメモリをカチッというまで差し込んで増設完了。電源ケーブル、バッテリーは抜いて作業してくださいね。メモリ増設作業手順のもっと詳しい手順、やり方は大手メモリメーカーのHPに写真、動画などで説明されていますのでそちらもご参考にされてください。 マイコンピュータを右クリックしてプロパティーを開くと認識しているメモリの容量が表示されていればOKです。メモリ増設、メモリ増設とおおげさ言ってもこれだけの方法です。たいしたトラブルも無く、案ずるより生むが易しですよ!

スポンサードリンク

メモリ増設の注意点

メモリ増設と一口に言いますが、例えば、dellの○○用、FMVの○○用、VAIOの○○用、iMACの○○用などと沢山の形状がありますのでお手持ちのPCにどのメモリが合うかといったことは、メモリを扱う通販サイトなどに記載されていますので必ず、同じ機種名のものをお選びください。ここだけ注意です。初めてメモリを1ギガ増設したときここまで違うものかと、ホント感動しましたよ!