鞍馬温泉 峰麓湯

スポンサード リンク

鞍馬温泉の日帰り口コミしてみます。京阪電車で出町柳まで行くと、京阪電車は終点に。そこから叡山電鉄に乗り換え鞍馬駅まで約30分で到着します。この日は秋の紅葉で紅葉のトンネルの中を縫うよう進めて景色も抜群でした。今回は鞍馬温泉の日帰りプランなど各旅館で食事つきのサービスなどがあるようですがどこも5000円以上するみたいだったので、予約などは一切なしでいってみたんです。だから実質かかったのは、この叡山電車の切符代と鞍馬温泉の入浴料を払ったときの切符代のみで一人2000円もしなかったのでかなりお得でした。食事もちょっと敷居が高そうなお店しかなかったのでパスですが。。

駅を降りて旅館の立ち並ぶ中一本道だったので迷わずいけました。途中鞍馬天狗で有名な鞍馬寺が。鞍馬の火祭りのときはこの鞍馬寺の前をたいまつを持って走り回るそうです。そんなに広い道ではなく、お土産を売る店など立っているのでにわかには信じられませんが、ちょっと話した地元の人が説明してくれたので、まぁそうなんでしょう。で、鞍馬温泉に話は戻ります。駅から一キロぐらいはあるんですかね、少し歩いたところに鞍馬温泉は有ります。すぐ横に無料の大きな駐車場があるので車でも大丈夫ですね。牛若丸のマスコットみたいなのが目印!不気味でしたwさて、この鞍馬温泉の日帰り客に優しいところは、切符を買って入浴する公衆浴場のスタイルなので 日帰りだからといって気兼ねする必要はありません。下の動画では宿への宿泊ということになっているので客室の紹介もありますが、入浴のみで峰麓湯の露天風呂もOKですよ。

鞍馬温泉入浴口コミ

百聞は一見にしかず、ということで動画が見つかりましたのでまずはこちらをどうぞ。
You Tube 鞍馬温泉動画 切符を買って中へ。こじんまりとした、けど豊かな自然が間近に迫る露天風呂峰麓湯。マイナスイオンたっぷり。その日は平日ですいていたのと小雨が降っていたけど、屋根つきの露天風呂もあり、ゆっくりと入浴することが出来ました。雪が降る中はいったらさぞかし気持ちよさそうです。天狗伝説の発祥の地であることや、入り口のところに皇族の方も見えられたとか紹介されていて(実際入ったのかどうかは、見忘れました。。)、そんなことをぼんやり考えながらなかなかいい感じで入浴できましたよ!リュウマチによく、飲めば胃腸系にも良いとされていましたが、一番実感できたのはお肌がすべすべに。また今度宿をとって冬場にでも来てみたいなと思います。そのときはぜひぼたん鍋を食べてみたいものです。んー,蛍が見られるそうだし夏もいいな。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

鞍馬温泉の旅館

鞍馬温泉の周りには旅館が立ち並んでいますが、とても雰囲気がありしっぽり出来そうでした。日帰りではなく宿をとってという方は、宿泊料がやはりそれなりにしそうなのでHPやツアーなどで格安な料金が無いか確かめていったほうがよさそうですね。周りに何も無いところなので間違っても予約なしでいくとちょっとまずいことになりかねませんよ!