インドサリーとは

スポンサード リンク

インドサリーとは、インドの伝統的な布地で、チョリ(ブラウス)、ペチコートを着用し、その上から巻きつけるのが普通の着方ですが、地方や階層、着方によってフォーマルやカジュアルなどのようにさまざまなバリエーションがあるのが特徴です。結婚した女性のみ着用できることから一人前の女性であることの証とも言えるでしょう。スリランカ、ネパールにも共通して同様の民族特有の衣装文化が存在します。 一枚の布地を裁断せず針をも通さずに身にまとうという着方が、宗教上の観点から浄成るものとされる。

インドサリーは世界有数の民族衣装としてあげられるが、時の流れの止まった中で語られる民族衣装というくくりの中で語るわけにはいかないようだ。流行や好みの変化とともに日々進化するファッション性や、時代性を持ち合わせているからだ。 産地によっても、薄手でやわらかく体にフィットするのが特徴とされるサリーの産地や、厚手でタイシルクのような光沢感が特徴な華やかさといったインドサリー産地もあります。 また、インドサリーは独立運動時代に民族意識の高揚といった文脈の中、インド女性としての誇りの証としても位置づけられることとなる。

インドサリーの着方

インドサリーの着方。サリーと、チョリ(ブラウス)、ペチコートを用意すれば、あとの問題は着方のみ。基本的に既婚女性が着るものですが、インド国内において外国人なら問題は無いようです。都市部に行けば行くほどその傾向は強まります。インドサリーの着方についてこちらのサイトに詳しく説明されていますので、ご参考ください。
http://www.interq.or.jp/ruby/mahamaya/kitsuke.html

スポンサードリンク

インドサリーの購入

インドサリーの購入 インドサリーのインドでの購入は、布を選び、採寸してからオーダーメイドという手順を経てなされます。インドではチョリ(ブラウス)を自分で仕立てるのが一般なため、ブラウス用の布地も付いてきます。値段はさまざまで、有名インドサリーブランドのもので一万円程度するようです。観光客向けの国営市場でインドサリーを探すよりも、一般のインド人が通うスーパーで探すほうが安くで見つけられます。