遺言の書き方 秘密証書遺言編

スポンサード リンク

秘密証書遺言の書き方についてご説明いたします。秘密証書遺言とは、自筆証書遺言と、公正証書遺言の中間的な役割の遺言の書き方です。
秘密証書遺言の書き方の手順。

@遺言者本人により、遺言を作成し、記名押印する。ただし、遺言の自筆と日付の記入の必要はない。またワープロや、代理のものに筆記をさせても良い。
A証書を封印する
B公証人と2名の証人の前で遺言人がAの封書を提出し、自らの遺言であることを宣言する。代筆者がいる場合はそのものの住所氏名も述べる。
C公証人により遺言者の述べた事項と日付が記入され、それに遺言者、証人が確認の記名押印をすることによって秘密証書遺言の作成が完了し、効力を発揮できるようになる。保管は公証役場ではなく遺言者により行われる。開封時は家庭裁判所における検認が必要である。

秘密証書遺言の費用

秘密証書遺言のメリットは費用が公正証書遺言よりも安く、11000円であることが上げられるのと遺言の存在が公証役場に記録されることあるが、デメリットも多い。まず、遺言者によって作成された遺言書が、死後書き方の問題で法的な不備が原因で効力がない場合がある。家庭裁判所での検認が必要である。自筆証書遺言と同じく、遺言の保管が必要であることです。以上のことから、秘密証書遺言は遺言書内の構造がややこしいなどの場合、公証人にほかの書き方を進められる事もあり、遺言の書き方の中でもマイナーな存在です。
秘密証書遺言作成に必要となる証人となる資格を有さないものを記述して遺言の書き方の概要を終了させていただきます。 ● 未成年者 ● 成年被後見人に認定された者 被保佐人に認定された者 被補助人に認定されたもの ● 推定相続人 遺産を受けるものと配偶者およびその直系血族 ● 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記、被雇用者

スポンサードリンク

葬儀のトラブル事例

葬儀のトラブル事例として多いのがやはり費用の問題です。病院に待機する葬儀業者に搬送のみ依頼して葬儀は別の業者に頼んだ場合、搬送と葬儀設営が別々の人件費になってしまい、高額な搬送日を請求されたりといったトラブルや透明度の低い請求をしてくる業者が多いのも実情であるようだ。 突然の葬儀でトラブルとなってしまうのは仕方のないことなのでしょうか・・・