シミ抜きの知識

||ハイドロキノン化粧品の副作用

ハイドロキノン化粧品の選び方

ハイドロキノン化粧品の効果


これがハイドロキノンのシミ(=メラニン色素の沈着)消し化粧品で注意するポイントです。

一般的には、ハイドロキノン5%以上配合されている高濃度の化粧品が 紫外線で変質することによる色素沈着・白抜き(部分的に白く色が抜ける)・かぶれなどの副作用が起こりやすいと言われております。(アメリカでは、ハイドロキノン2% 以上は、医師の処方が必要です。)


副作用のリスクを避けながら、ハイドロキノンのシミ消し効果も得たい場合はどうすれば良いか?


答えは、安全な成分濃度の範囲で、浸透性の良い化粧品を選ぶことです。

大半の美白美容液やシミ取りクリームは成分がシミが出来る肌の奥にまで届いていないため、表面上のくすみは落とせても濃くなったシミを薄くするまでの効果を実感できません。濃度が高くなれば肌トラブルにつながりかねません。


ハイドロキノンは本来肌に浸透しにくいので、しみ抜きの効果を得るためには濃度を高める必要がありました。しかし、近年の技術の進歩によりシミのある層にまでハイドロキノンを浸透させることができるようになったのです。
これにより、濃度が薄いハイドロキノン化粧品でも高いシミ抜き効果が得られるというわけです。


安全な濃度でハイドロキノンを配合し、成分を肌に浸透させる化粧品を使うようにすることが効果の高いシミ対策化粧品選びの第一歩です。

○安全なハイドロキノン濃度1.9%、でも効果的こちら [b.glen]シミを消す!ハイドロキノンとQuSomeホワイトセット

ハイドロキノン化粧品『ビーグレン』とは?

ハイドロキノンのシミ取り効果

大半の美白美容液やシミ取りクリームは成分がシミの出来る肌の奥にまで届いていません


表面上のくすみは落とせても濃くなったシミを薄くするまでの効果を実感できなかった方も多いのではないでしょうか?クリームを塗った後いつまでも肌がペトペトするのは浸透していない証拠です

そんな中、ビーグレンのシミ取りクリームは他の商品の約3倍も浸透するデータが出ています。そのため、濃度は薄くても美白効果が高くなると考えられます。

ビーグレンはドクターシーラボやアンプルールなどハイドロキノンを配合した化粧品の中でも知名度は低いですが、化粧品を肌にしみこませるための国際特許を取得しているので、他社が真似をしたくてもできない技術で作られているのです。

○はじめの一週間で効果を実感こちら[b.glen]愛用者の声はこちら

ハイドロキノンだけの化粧品では十分なシミ対策にはなりません。

ハイドロキノン以外のしみ対策 ●シミを撃退するための3つのステップ+α

ハイドロキノンはシミを薄くする成分として最も注目されていますが、それだけでは万全ではありません。


その理由は、今出来てしまっているシミを、薄くする成分でケアしても新たに出来るしみのほうが多ければ結果的にシミが無くなる事がないからです


シミを撃退するために大切な考え方は、

1,シミの生成をストップさせる。

2,今あるシミを薄くする。

3,メラニン色素の排出を促す。

+αはこの3つの働きを持つ成分が浸透するということですね。

この3つのステップのうち、2の「今あるシミを薄くする」のはハイドロキノンの役割ですが、「シミの生成をストップさせる」,「メラニン色素の排出を促す」についてもケアできればシミは自然と無くなります。

3ステップの美白効果が人気こちら 頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

ハイドロキノン化粧品はこんな場合(部分)にも使える?

Q:目の下のくまには使えるか?

A:クマの原因は血行不良が原因となる場合が多いので、美白製品での改善は難しいと考えるべきです。それよりも血行を促進する方法として熱い蒸しタオルと冷たいタオルを用意し、交互に当ててみたり、アイメイクの落とし残しが原因の色素沈着である場合もあるので、メイク専用のクレンジングでしっかり落とすことを心がけるようにしましょう。

Q:くすみにも効果はありますか?

A:くすみには様々な要因があります。

@顔の血行の悪さ 
A加齢による新陳代謝の遅れ。

@の原因の改善方法としては「しっかりと睡眠をとる」、Aの原因は「肌のターンオーバーを促進させるビタミンAが豊富に含まれているものを摂取する」ことで根本からケアできます。また、ターンオーバーを正常化させせるためにクレンジングや洗顔をしっかりおこない、ビタミンCの美容液を毎日のスキンケアに取り入れるなどの対策が必要です。その上でメラニン色素を薄くするハイドロキノンを使用すればさらに効果的です。

Q:首の黒ずみにも使えるか?

A:使えます。

Q:地黒ですが白くなるでしょうか?

A:地の色をまず確かめるところから。紫外線の当たりにくい二の腕の内側ぐらいまでなら白くなることが期待されます。

Q:妊婦・授乳中でも安全??

A:妊婦・授乳中の方はハイドロキノンは避けたほうが良いようです。

妊婦さん・授乳中の方が、効果・安全性で選ぶならこちら高濃度ピュアビタミン美容液

失敗しないためのハイドロキノン化粧品選び

トライアルセット・返品保障のある化粧品を!

ハイドロキノン濃度が高い場合、肌に刺激を感じる方も多いので、合うか合わないかお試し出来るのが必須条件です。さらに返品保障が無ければ購入代金は無駄になってしまうので返金に応じてもらえる商品が安心です。


今回取り上げたビーグレンで気になる注意点

トライアルセットの返品条件が分かりづらい

トライアルセットは使い切っていても返品可能ですが、販売ページを良く見ないと分からない事実があります。それは、トライアルセットの容器と、外箱、返品番号が揃っていないと返品できないことです。なので、トライアルセットが届いたら、試し終わるまで一式捨てないで置いておくことが必要です。

ビーグレンの365日返品保障の詳細ページこちら(重要)ビーグレントライアルセットの返品条件


過去にハイドロキノン化粧品で効果を感じなかった方は

ハイドロキノンの成分は現在最もシミを薄くする効果があるといわれています。その時にお使いの化粧品は成分が浸透していなかった可能性があります。

成分の濃度よりも浸透性で化粧品を選んでみるべきです。

浸透力で国際特許取得こちら 出来てしまったシミを薄くするb.glen

ハイドロキノン(ヒドロキノン)と化粧品(美白クリーム・化粧水)の失敗しない選び方。シミ消し効果が魅力的な成分「ハイドロキノン」の色素沈着の副作用についてや口コミなどで人気の市販の成分配合製品について。購入する前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

ハイドロキノン化粧品の手作りの危険性

ハイドロキノンをヤフーオークションや、個人輸入で購入して手作りの化粧品を作るのが紹介されたブログなどを見かけたことがありますが、高濃度ハイドロキノンの副作用の問題や、ナノ化されたものでないと効果があまり望めないばかりか、トラブルの原因になってしまうため専門知識がない方は興味本位で作ってみるのはやめておいたほうが安全です。

*ハイドロキノンとヒドロキノンは同じ物質ですが、化粧品業界ではハイドロキノンと表記することが一般的となっています。

Copyright © ハイドロキノン化粧品の失敗しない選び方 All rights reserved