肺がんの転移

【体の巡り】サプリメントの無料モニター募集中。

「紅珠漢」は効果がすぐに体感出来ることをコンセプトに女性開発チームが商品化。

  • 冷え性
  • 朝からだが重たい
  • 朝起きるのがつらすぎる

上記のお悩みがある方は一度試してみてはいかがでしょうか?


電話勧誘はありません。

詳細はこちら>>紅珠漢(こうじゅかん)体験キット【今なら無料!!】

肺がんの転移 肺がんが転移すると、転移した場所によって自覚症状は異なります。そしてすべての初期症状が現れるわけではありません。
代表的な胸膜、骨、リンパ、脳への転移の症状をご説明します。
胸膜―気管支が圧迫され胸水がたまると呼吸困難に陥る場合があります。声がかすれたり、気管支の圧迫によりひゅうひゅうと呼吸音がすることが自覚症状として挙げられる。

骨−その部分が運動時や安静時にも痛み、関節付近の場合関節の動く範囲に制限が見られる。っ骨折することもある。

リンパ−初期症状としては不快感程度の予兆だが、徐々に腫れて、硬くなりぶよぶよとした弾力を伴ってきます。進行状況により押すと少し痛む程度から、痛みが増してきます。

脳−脳への転移で頭の痛み、吐き気、部位によって手足のしびれ、視力に支障をきたすといった症状が現れます。

肺がんの原因

最も肺がんとの因果関係が疑われているのがタバコです。喫煙者は非喫煙者の4〜5倍の発症の危険性があるとの見方も有ります。一日のタバコの本数やタバコの種類でフィルターの有無によっても肺がんと関わるデータも出ています。 喫煙以外にも大気汚染、遺伝素因、肺結核、アスベストに起因する可能性もあります。

肺がん 5年生存率

肺がんは症状の進行状況により、1A期・1B期・2A期・2B期・3A期・3B期・4期の7段階に分類されます。(1Aが初期症状。4期が末期症状)

肺がんの症状による5年生存率は現在の医療では2期で50%ほど、1A期で7〜80%となります。レントゲン検査で初期症状の段階で発見することは可能ですので、定期的な検査・検診を心がけることが大切です。初期症状なら、治療法も限られないということも考えられます。