富士山登山ツアーの準備

スポンサード リンク

富士山登山の山開きはおおよそ毎年7月1日から8月26日の期間です。ピーク 時期はお盆前後となりごみごみと混雑します。山開き直後は空いていますが、梅雨の時期と重なり、下から吹き上げる風雨のため五合目以上を目指す初心者の方は避けられたほうが賢明でしょう。一般的に八合目で一泊するプランのほうが高山病にかかりにくくなるようです。旅行会社などが主催する富士山登山ツアーなどに申し込まれてから、登山前日・直後は、後述する必要な服装などの装備品を整え、高山病対策として前日はぐっすりと十分に眠る。下山直後は足にシップなどを貼り筋肉痛の予防も忘れないようにしてくださいね。

富士登山ツアーの服装

富士山登山に必要な装備は、暑さ対策、寒さ対策、汗対策に適したものを準備しましょう。 登るにつれ、特に富士山開き直後の明け方は暖かい日でも5度ほど、これに強い風が吹き付けてくるので体感温度は0度以下になるといわれています。御来光目当ての富士山登山ツアースケジュールの場合はこれに耐えうる服装を用意します。具体的には、汗の発散が少なく乾きにくいので体力の消耗が加算されることになるため綿素材の下着は避け、発散効果の高い化繊の素材が基本です。厚手の靴下、軍手(岩をつかんだときにぬれてしまうので替えの用意をするか、水分のしみこまないもの)行動中は暑く、止まると寒いのでスキーウェア、ダウンジャケットなどの厚手のアウターはこまめな温度調節ができないのでNG長袖のシャツ、フリース、ウインドブレーカーやレインウェアの重ね着で細やかな温度調節が基本で、ズボンはジーンズを避け(汗対策のため)チノパンのようなものを、 足元はくるぶしが隠れるぐらいのトレッキングシューズが富士山に限らず登山には適しています。あと、素肌を晒していると皮がめくれるぐらい日焼けしてしまうのと、転倒したときの怪我予防に 半そでのTシャツは避けるほうが良いでしょう。貼るタイプのカイロなども用意しておけば初めての富士山登山でも安心です。

スポンサードリンク

富士山登山ツアー

富士山登山のツアーを楽しく過ごす為の準備をご紹介しますよ! 富士山では可能な限りごみは持ち帰りましょう!