飲食独立支援の制度

スポンサードリンク


ぐるなび食市場では、飲食店のメニューを商品化してネットで販売を行なう支援をしております。 下記より、資料請求ができますのでお気軽にご連絡ください。

飲食独立支援とは、飲食店のオーナーとして開業前、並びに開業後に生じるさまざまな問題の改善と、資金面でのサポートを受けられる民間会社などによる活動を指す。 たとえば、野球などで優れた選手が優れた監督となれるわけではないのと同様に、飲食店での経験だけで飲食店のオーナーに必要な要素を身につけることは難しい

開業前においては、立地条件の調査をし、調査結果に基づいたコンセプトをが求められるかもしれないし、コンセプトを生かす内装の知識、資金調達能力も必須条件である。開業後においてもグループ統率能力や、コスト管理、コンセプトの軌道修正などオーナーとしての素質を問われることとなる。勇気を持って一歩踏み出すことは大切だが、資金的に無理をして手遅れになってから、経験が足りないことに気づいても手遅れである。

自らを冷静に省みて経験不足を否めないようなら、野球で言う多くの後の名監督が2軍監督での下積を経て晴れて1軍で活躍するように、FC店や独立可能をうたっている飲食の募集をチェックしてみるのも良いかもしれません。下積み、資金は十分、自信を持って自らの道を切り開こうというタイプならば、独立に関する煩瑣な手続きなどを相談できる行政書士や信頼できる独立支援制度を持つ経営コンサルタントを探すことをお勧めします。

飲食独立支援のコンサルティング

飲食店の独立支援を受けられる上記の二つのケースについて掘り下げていきます。 いづれは独立できることをうたう飲食店については回り道のようであるが、リスクの面では回避できる。まずは採用された店舗での研修、教育を経て店長になり負かされた店舗での成果・実力に応じて社員という立場から、のれんわけをしてもらうのである。その後のサポート体制はまちまちのようである。 もうひとつの経営コンサルタントの選択は、会社もしくは個人の立場から、経営に関するプロによるアドバイス、改善の提案などをコンサルタントに対等の立場で求めるのである。 一見コンサルタントによる独立支援のほうが、精神的に縛られることもないようだが、それに安心して日々の業務に気の緩みが生じているようでは経営は上手く行かない。自らを律っしうる精神こそが大事なのである。

飲食独立支援や開業について

飲食独立を支援する会社、コンサルタントは沢山存在します。その中でも、信用に値する会社、コンサルタントに出会えるかは下調べしだいです。一生を左右する問題であることがほとんどですので、ここでの手間は惜しまないほうが良いといえるでしょう。