ダイニングテーブルの選び方概要 

スポンサード リンク

ダイニングテーブルの選び方って重要ですよね。一生でそんなに買う回数は少ないわりに生活の中で中心になる家具だけに、選び方が慎重になるのも当然です。サイズは2人・余人・6人とたくさんあり、ガラスや無垢材なんかの材質の色々。モダンやカントリー、北欧といったテイストによっても合うダイニングテーブルの選び方があるし大変です。失敗しないためのダイニングテーブルの選び方を紹介します。

ダイニングテーブルの選び方 2人用

二人用のダイニングテーブルの選び方は前述したとおり、新婚の場合はすぐに小さくなってしまうので、家族が多くなって広い部屋に引越しをした場合には伸縮するタイプのダイニングテーブルという選択肢もあります。伸縮タイプのダイニングテーブルのデメリットは可動式のため、何度も伸縮しているうちに壊れてしまう可能性があるので「ダイニングテーブル 激安」などといった通販を利用する場合はしっかりしたものを選ぶほうが良いでしょう。壁側に設置する場合の目安はダイニングテーブルと壁の間隔が60センチは最低必要です。これ以上狭いとイスを引くのがきつくなってしまいます。

スポンサードリンク

ダイニングテーブルの選び方 4人用 6人用

4人用のダイニングテーブルはサイズしだいで来客時など6人ぐらいまで対応できるように少し大き目を選んでおくのがコツです。標準サイズ135〜160ぐらいが目安としては一般的でしょう。4人用のダイニングテーブルあたりの大きさになってくると部屋までの廊下のサイズで搬入できるかどうかが問題になってきます。無垢材を使った本格的なダイニングテーブルになると足がはずせないものもあるので注意が必要です。 6人用のダイニングテーブルの選び方として、サイズの目安は180センチぐらいはほしいです。が、来客時に6人用のサイズが必要な場合は、来客の頻度に応じてもう少し小さくても少し狭い感じで対応することも可能です。