ダイニングテーブルの選び方 ガラス天板のメリット

スポンサード リンク

先ずはダイニングテーブルの天板をガラスにするということでのメリット、デメリットを見てみましょう。
ガラスのダイニングテーブルのメリットは、シャープで清潔的な印象と、木のダイニングテーブルに比べて、見た目のレベルで部屋を圧迫しないことに尽きるでしょう。モダンで都会的なイメージ、都会のダイニングルームにしっくりします。デザイナーズ家具などでもガラストップテーブルは良く見られます。また、モダンを基調としたコーディネートの中でほかの家具との相性で見ても調和が取りやすいということも挙げられます。

ガラス天板の選び方 ガラス天板のデメリット

デメリットとしては、天板がガラス素材でどうしても避けられないリスクとして割れるということ、それと、クリアガラスのものだと実は、汚れや埃が目立つということです。頻繁に拭いていても、コットン素材のふきんなどの場合、繊維くずが目立ってしまい空拭きが必要なことも注意点です。

ガラスのダイニングテーブルのデメリットばかりに眼が行ってしまって断念するという選び方もわかりますが、ほかの素材では出せないモダンな印象というメリットを享受できなくなるのではもったいないので、ガラスのダイニングテーブルとの上手な付き合い方をお教えします。
はじめの割れるというリスクについては、メーカー各社の研究も進んでおり、PL法の絡みもあってそんなに心配することも無いように思われます。(小さなお子様がいらっしゃる場合は、別として。。。)ある実験では、沸騰したやかんを強化ガラスのダイニングテーブルに載せても大丈夫でしたし、強度をアップさせる保護シートが市販されているので、試してみるのもいいでしょう。よほどのことが無い限り(鉄球が上からおちてくるなど・・)割れるものではありません。念のため実際のガラス強度などは販売店やメーカーにお問い合わせ下さい。
繊維くずの目立ちも、ガラスの天板を拭くものの素材を、リネンやマイクロファイバー、セルロースクロスなどで毛が出にくいものなら大丈夫です。いずれも通販などでも安価で手に入ります。

スポンサードリンク

ダイニングテーブル天板 フロストガラスとクリアガラス

ガラスのダイニングテーブルの種類は大きく分けて二つに分けられます。 それは、天板がクリアガラスとフロストガラスです。天板がクリアガラスのダイニングテーブルは透明感が最大の魅力ですが、ほかのものに気をとられていると視界に入りにくく腰などをぶつけてしまいかねません。 天板がフロストガラスのダイニングテーブルはナチュラルなインテリアともあわせやすく、汚れも目立たない特徴があります。