コンタクトレンズの病気の原因

スポンサード リンク

コンタクトレンズの病気にならないように気をつけたほうが良いポイントをご紹介します。 酸素透過性の良くないコンタクトレンズを使い続けますと、どうしても黒目の部分の酸素が不足したり、角膜に傷がついてしまい 病気の原因になってしまいます。本来白目には血管がないのですが、酸素不足を補うために白目の部分に血管が生えてきます。悪くしますと目の傷口から細菌やアメーバなどが感染してしまいます。細菌やアメーバが、黒目の上でくっつきあったり動いたりしながら奥へと食い進むイメージです。 角膜の再生は非常に難しく、光を失ったりといった最悪の事態も起こりえるのです。 どこか他人事のような話ですが、知り合いの眼科助手の方に伺うと病気で眼科に訪れる方のコンタクトレンズを装着されている割合は年々増えていっているそうです。

コンタクトレンズの病気にならないためには

コンタクトレンズの病気にならないためにインターネットなどでの価格が激安通販などといった通信販売でもソフトでもハードでも結構ですのでまずは酸素が透過するタイプをするように心がけましょう。軽い傷の場合は一週間ほどコンタクト無しの生活をしたほうが良いですし、日ごろのコンタクトレンズのケアの重要さをもう一度見直すべきなのです。私にも経験がありますが、まだ使えるからといって使い捨てタイプのコンタクトレンズをを使い続けたり、保存液をうっかり切らしてしまって水道水で保存するといったことは一生付き合う目のために絶対にやってはいけないことなのです。特に使い捨て1dayのコンタクトは汚れを落としながら長く使うようにはできていないので保存液などのケア用品などで洗っても汚れは落ちません。ただし、使い方の注意事項をしっかり守っていれば、目にかける負担は軽減することができるのです。すなわち、 酸素透過性の良いものを選び 度数の合うものを購入して 使用期限を守り(使い捨てコンタクトレンズはきっちり捨てる) なるべくうちにいる間は眼鏡を使用し ケアをきちんとして(ケア用品は切らさないように) 目に不快感があらわれたら、なるべくコンタクトレンズ用の目薬を点眼することが大事です。 病気になってからでは遅いですよ!

スポンサードリンク

コンタクトレンズ

きちんと使って病気なし。快適なコンタクトライフを!