アスパラの栽培方法

スポンサードリンク

アスパラガスの栽培方法を順を追って、説明します。 植える時期
苗:2月中〜3月下 もしくは 10月上〜11月中
春植えのほうがよりよいようです。
まずはベランダで育てる場合は大きなプランターか、10号以上の鉢と培養土/ゆっくり効くタイプの肥料を用意してください。直植えの場合は、石灰をまいて耕しておいてください。広さはプランター上記のプランターぐらいの広さを目安に一株植えます。

アスパラは耐寒性、対暑性が強く非常に育てやすいです。プランタの場合土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。やがてにょきにょきと新芽が出てきますのでお楽しみに。ちなみに新芽に日が当たらないようにして育てればホワイトアスパラになります。グリーンアスパラ、紫アスパラという品種はありますが、ホワイトアスパラという品種は無いんですよ。苗を植えて栽培した場合の注意点は、一年目はまだ株が未熟なため、最初の何本かは収穫しても良いですが、株を育てるためにそれ以上は乱獲になってしまうため我慢してください。うまく育つと10年は収穫できるので、とりすぎには注意してください。 収穫期が終わったら、置き型の肥料をあげてください。収穫したてのアスパラをすぐに茹でて食べるとおいしいですよ!アスパラの栽培をしてよかったと思える瞬間です!採れすぎた場合の冷凍保存方法についても次の項目で紹介しておきます。

アスパラの冷凍保存

アスパラガスの冷凍保存の仕方。収穫後のアスパラは冷蔵で2〜3日の間で食べてしまうほうが良いですが、栽培の規模などによって採れすぎた場合など冷凍保存できます。
アスパラそのままの場合、さっと湯通ししてから冷蔵保存。(火を通してしまわないところがポイントです。)解凍する場合はたくさんのお湯をかけて解凍してください。
アスパラの牛肉まきの場合。茹でたアスパラを牛肉でまいてすぐに使えるように冷蔵しておきたい場合の保存方法はフライパンでいためる状態に仕込んだものを冷凍して、解凍はフライパンで肉に火が通るまで加熱してから、味付けをしてください。

アスパラのゆで方

アスパラのゆで方は、先っぽと根元のほうで火の通り方が違うので、半分に切ったものを根元のほうからお湯に入れてください。(お湯はなるべくたくさんで少し塩を入れたものを沸騰させて。)先に根元を入れて次は先っぽを。茹で時間は2〜3分でお好みによって調整してください。ゆで上がったら冷水にさらさずそのままでOKです。アスパラのおいしいゆで方は以上です。